経営管理実践ブログ

経営管理の処方箋

CFO / 経理・財務部門 / 経営企画部門のご担当者さま向けに経営管理・財務管理に関するノウハウを伝授します!

「ROEの呪い」の解消法

「ROEの呪い」というタイトルのリポートが話題を呼んでいる。岡三証券の栗田昌孝氏が、過去20年間の東証1部企業のROEを分析して、ある1つの傾向を見いだしたそうで、2014年7月4日付け日本経済新聞にも、スクランブルというコラムで紹介された。  高ROE企業のROEは期間を経るごとに下がりやすく、逆に低ROE企業のROEは上がって ...続きを読む

CFO練成道場

財務経理部門で働くスペシャリストでも、主任/係長クラスから課長/マネージャークラスになるには、業務関連の知識を習得することが、その知識を使いこなすスキルとあわせて、必要だと思われます。 それが、経理部長や財務担当役員、CFOになると、業務知識だけではなく、それを使いこなして、適切な判断を迅速に行っていくことが求められます。 しかしな ...続きを読む

「1株利益」を経営目標として機能させるためには

2014年6月18日付の日経新聞に1株利益(EPS)を経営目標に掲げる企業が増えているとの記事が掲載されました。単にPLの増収増益ではなく、1株利益に焦点をあてることは、上場企業として株主にはアピールになると思われます。また、この発信をする際に経営者は、結果をコミットする覚悟も求められることでしょう。 一方、CFOとしてこの1株利益目標を実現す ...続きを読む

グローバルCFO育成プログラム

デルタウィンCFOパートナーズでは国内最大規模の監査法人である新日本有限責任監査法人と共同開発で、「次世代グローバルCFOのための実践力養成講座」を開催することになりました。在日米国商工会議所(外資系企業の経団連のような組織です)の元会頭経験者であるトーマス・ウィットソン氏をメインスピーカーとしてお迎えして、ほぼ毎週12回コースです。

引きこもりからの解放

日本人はアピールするのが苦手だといわれる。これは、謙譲の美徳とされる、日本人の誇れる特徴かもしれない。日本企業が提供する製品やサービスの品質は、やはり世界一と誇れるものがある。ここまで、国際化された事業環境に置かれている日本企業において、最も国際化されていない部門は、経理財務部門ではないかと思う。 上場企業等が発行する有価証券 ...続きを読む

経理マンを世界に通用するCFOに!

デルタウィンCFOパートナーズの伊藤です。私は連結ベースで年商約4兆円の米国企業の日本法人でCFOを経験したあと、コンサルティング業界に転身し、世界4大会計事務所(Big4)の一つであるアーンストアンドヤングで、コンサル業務の日本地区リーダーとしてグローバル会議のメンバーにもなることができました。事業会社でアジアパシフィックの経営幹部の経験 ...続きを読む

「コロナ禍の影響で前年対比が使えない状況での予算管理」
~予算編成から予算管理の実践的ポイント~ 開催のご案内

次年度の予算編成・予算管理のご準備状況は、いかがでしょうか?新型コロナウイルスの影響により、事業を取り巻く環境が激変する中、2021年度予算編成は、一昨年、昨年度との過年度比較がそのまま使えない状況が想定されます。このような状況下、せっかく作った予算と実績の比較分析は、アサンプション(予算編成の前提条件)が、経営実態と大きく異なれば、単 ...続きを読む